[3] イメージを創りたい!の最近のブログ記事

3.メイクしましょ

[3] イメージを創りたい!

 誰にでも創りたいイメージがあります。ここはイメージ創りのヒント溢れるメイクの応用編。メイク初心者から上級者まで楽しんでいただけると嬉しいです。

 ★初心者にやさしいメイク講座
   ●立体メイク
    コンセプト ベースメイク編 シェイディング編

  「初心者にやさしいアイメイク講座」
    No.1 ベース編
    No.2 アイカラー編
    No.3 ライン編
    No.4 マスカラ編
    No.5 トータル編
    Type 1: 深いグリーン寄りの青の振り袖メイク
    Type 2: ワインレッドにクラシックな柄の振り袖メイク

  「ロラック・リポート」
    No.2 ANJELICA
    No.3 DEMI
    No.4 LAURA
    No.5 FRAN
    No.6 JULIA
    No.7 SUZANNE
    No.8 MEG
    No.9 GEENA
    No.10 KIM
    No.11 SHIMMER

  「初心者にやさしいヴィンセント・ロンゴ講座」
    

 ★イメージ創ろう
   ●グロッシーな肌つくり
   ●眼鏡のキャリア・メイク
   ●透明感のあるメイク
   ●就職用ネイビーメイク
   ●オリエンタルメイク
   ●花嫁メイク
   ●お顔をふっくら見せる
   ●およばれメイク
   ●爽やかメイク

 ★その他:お役立ちテクニック

3-[3] イメージを創りたい! その他:お役立ちテクニック

ICO_065.GIF似合う口紅選び

 その人に合った色選びは、とてもむずかしいものです。それでも、やはり自分に似合う色を見つけたいですよね。

 色選びのポイントといっても、口紅に関して言えば、お肌の色と全体の印象(目元・口元の印象を含む)でバランスを考えるということでしょうか。。。

ICO_183.GIFお肌の色

 顔が色白の人は、基本的にどんな色でも似合うでしょう。ただ白いといってもオークル系、ピンク系、青色系(白人にいる)によって似合う色も違うでしょう。お肌の色と口紅の色の差によって印象が変わるので、お肌が白ければ、口紅の色が見えやすくなるのは色の差が大きいからです。だから、中間色でもこなしやすいということになります。それだけ、似合う色の幅が広がります(^^)

 逆に色白さんが、薄いベージュ口紅を塗ったとき病人のようになってしまうのは、唇とお肌との見分けがつかなくなってくるからでしょう。(日本人のお肌は、白いといっても「白」ではありませんから、、、)

 色白さんがぼやけた印象になると、悲しいことに病人イメージということになってしまいます。でも、ベージュといってもいろいろありますので、色や質感が顔色から離れるほど、きれいに見えてきます。パーティなどお酒を飲むと顔色が赤味を帯びて濃くなるので、最初は派手に見えても徐々に馴染んでくるのはそんなところからくるのかもしれません。

 もう一つ忘れてはならないのは、唇の色です。唇の色が薄いほど、口紅の色が出やすくなります。当たり前ですけれど。。。唇の色素が濃い人は、その点を考慮して口紅を選ばないと、失敗してしまいます。淡い色・中間色だと、唇の色が勝ってしまって、本来の色が出ないのです。色白さん同様、唇の色素が薄い人は、似合う色の幅が広がるわけです。南総にも塗ると量感(深み)を出すことも可能になると思います。

ICO_183.GIFお顔の印象

 お顔全体の印象では、やはりフェイスラインが鋭角な顔を大人顔、丸みを帯びている顔が童顔として、それに面長と丸顔に分けてよいかもしれません。それぞれ目元にインパクト(大きいか、キツネ目か、その両方)がある場合とない場合とがあります。

 たとえば、
 童顔で、丸顔で、目が小さく優しい=コケシ顔
 大人顔で、面長、目にインパクトがある=モデルさん

といったイメージがあるのではないでしょうか。

 基本的に、大人顔の人は強い色を唇に持ってきても大丈夫です。
 童顔の人はケースバイケース。目元にインパクトがある場合は、ある程度強い色を持ってきても、バランスがとれることが多いのです。逆に、目元にインパクトがなければ、唇だけが飛び出てしまうので柔らかい(薄い)色で肌なじみを考えた色が、こなせる色選びのポイントとなります。これに、全体の雰囲気が加わって、似合う色というのがわかるわけです。

ICO_183.GIF大雑把なケース分け

 さて、これで大雑把なケース分けができそうですね。

   お顔の色が、薄いか濃いか
   唇の色素が、薄いか濃いか
   大人顔か童顔か
   面長か丸顔か
   目元のインパクトがあるかないか

 色白さんで、唇の色素が少し薄く童顔で丸顔の方は淡いパールカラーが病気になってしまいます。でも、柔らかいピンク系が似合うと思いますし、また黄みがかった色白肌なら、オレンジ系も似合うと思います。

 童顔で、色白、目元にインパクトがあり、面長なら(面長だと唇と目が離れるので、両方強くしても OK)、唇に真っ赤を持ってきても大丈夫で、可愛く赤をこなせそうな感じがします。

 以上、基本的なお話ですが、例外もいっぱい;;;

 口紅は色だけでなく、口の大きさとか唇の形とか、言い出したらキリがないのです。

 特に、唇の大きさはほんのちょっとした違いで印象が随分変わりますし、唇のラインをシャープにするかどうかでまたまた変わってしまいます。

 そして、色だけではなくて、質感も重要で、たとえば、唇の色素が濃い人でも、マットな口紅だったら大丈夫ということもあります。

 また、色白さんいベージュ口紅でも、メタリックにしたりツヤツヤにしたりして、合わせることも可能です。

 一番大切なのは、どんな色も何度か試してみることです。その時の肌の作り込みによって肌色が違うから口紅の映え方も違いますし、光線の具合でも見え方が変わります。どんなときに使うか、どんな自分を演出したいかによって、普段は使えない色でもその時はバッチリ、ということもあるからです。

3-[3] イメージを創りたい! その他:お役立ちテクニック

ICO_065.GIFファンデとパウダーの相性

 ファンデとパウダーとの相性としては、質の相性と色の相性があると思います。そして、このファンデにはこのパウダーが合う、というよりも、仕上がりをどんな風にしたいかで、組み合わせていく、という感じです。

 ファンデ自体がしっとりと保湿感のあるものなら、パウダーはどんなものでもだいたいおさまりよくのってくれます。ファンデがさっぱりしたものの場合、パウダーにはある程度しっとりした感触がある方がなじみます。質の相性はもちに影響します。

 肌質によっては、しっとりタイプのファンデにしっとりパウダーを合わせると崩れやすいということがあるかもしれません。皮脂を吸収してくれるパウダーを合わせれば大丈夫というケースですね。

 また、ファンデが薄づきのものの場合、薄づきな感じを出したければパウダーは透明タイプがきれいでしょうし、逆に、パウダーに色がついていて、それがはっきり出るタイプでも大丈夫。だけど、ファンデ自体にカバー力があり、色がきちんとのるような場合は、その色を生かせる、透明タイプのパウダーが絶対にきれい。マットで色の出るパウダーを使うと厚塗りな感じにどうしてもなってしまいます。その方がいいようなシチュエーションやお好みというのもありますので、一概には言えませんが。。。

 それから、最近のパウダーは、煙タイプが多くなってきましたが、超微粒子は大前提条件。お肌がきめ細かくきれいに見えるためには、絶対に煙タイプ。これは、パウダーに色があってもなくても、煙!です。

 というわけで、私の好きな江原道は、煙タイプ、透明タイプ、しっとり感がある程度あって、日常的に使うパウダーとして最適なのです。きめ細かく、お肌がきれいに見える、いわゆるメイク効果もありながら、ナチュラルにもつくれる、優秀お粉です。

 クレ・ド・ポー・ボーテは、しっとり感では断トツで、光沢もあるし、上質お粉の代名詞のようですね。もちろん、煙タイプ、透明タイプ。

 江原道もクレ・ド・ポーも、肌質とファンデとで上手に組み合わせを見つけることで、最高の使い方ができると思います。ただ、これをまちがえると、「なんでこれがいいの〜?」ということにもなりかねません。分量や塗り方も重要ですね。

 マリー・クワントは、色つきで、江原道やクレ・ド・ポーほどではありませんが、煙タイプ。マットなしっかり肌もつくれるし、メイク効果も感じられます。あまり失敗なく使えるお粉じゃないかなと思いますがいかがでしょうか?

 組み合わせの微妙なちがいは実際に経験するのが一番!だと思います。
3-[3] イメージを創りたい! その他:お役立ちテクニック

ICO_065.GIFファンデーション使い分け

 オフなどでお会いした方に、よく、こんな風に聞かれます。「りえぴんさんは、そんなにたくさんファンデーションを持ってるけど、どうやって使い分けてるんですか?」

 そこで、ここでは、私がどういう風に使い分けているのかをご紹介してみたいと思います。

 ファンデーションは、どれも同じように見えて、みんなそれぞれちがいます。成分がちがったり、質感がちがったり、色が微妙にちがったり。。。だから、いろんな種類、いろんな色のファンデーションを持っていて、使い分けている方はけっこう多いのではないでしょうか。

 使い分けの基準は、その日のお肌の調子、どんなお肌にしたいのか、それに、どんな一日を過ごすのか、などですよね。

ICO_183.GIFお肌のコンディションによる使い分け

 私は超乾燥肌なので、しっとり系のファンデーションが基本です。でも、お肌はいつでも同じ状態というわけではなく、普通に保湿を求めているお肌だったり、さっぱり感をあげてもいい状態だったり、ぐっとしっとりさせてあげたい感じだったり、、、スキンケアの段階でお肌が教えてくれます。

 江原道は、どんな肌質でも対応できますが、私のような肌質には本当にありがたい存在。オールシーズン OK のファンデは貴重。普通のお肌の状態であれば、この江原道を中心に、しっとりするタイプのリキッドファンデーションを使います。

 夏の間は、2 ウェイファンデが大活躍。保湿感が欲しいときには水なしで、落ち着いたパウダータイプを選びます。2 ウェイファンデは、リキッドの後のフィニシング・パウダーとしても使えます。

 さっぱりしたい気分の日。。。お肌も、それほどファンデで保湿してあげなくても良い状態のときがあります。お肌の状態さえよければ、オイルフリーのさっぱりしていてもちの良いリキッドファンデを選んだりします。とくに、夏、汗をかきそうな予感がするときは、パウダリーよりもオイルフリータイプのリキッドの方がもちが良いので、断然こちら!

 強力保湿、きっちりカバー力が欲しいお肌には、江原道の他、クリームタイプが大活躍。

ICO_183.GIFなりたいお肌による使い分け

 マットできっちりしたお肌にしたい場合、カバー力のあるクリームファンデーションを使います。パウダリーでも、きっちり仕上がるファンデもあります。

 素肌感大切に、ナチュラル肌にしたい場合には、シアーなリキッドを使います。

 夏の間は、さすがに暑いので、お肌は風通しよく、薄づきなものを使う方へ傾くのですが、涼しくなってくると、カバー力あるクリームファンデできっちり肌へと移っていきます。

ICO_183.GIFその日のスケジュールによる使い分け

 なんといっても一日中お化粧直しができそうにない日は、お肌のコンディションにかかわらず、オイルフリータイプに頼ります。そして、フィックス感のあるお粉でカバー。

 お化粧直しができそうな日は、問題ないですよね(^^)お肌の状態やつくりたいお肌によってファンデを選べばよいのですから。

ICO_183.GIFその他

 もちろん、スキンケアとの関係は重要で、使いたいファンデに合わせて、スキンケアの方を変えるというのもよくある方法です。また、ファンデにとって一番相性が気になる下地やコントロールカラーも、重要な選択を迫られます(^^;)何か一つの要因だけで決まるわけではなく、いろいろからみあって、「今日のファンデ」が決まってくるのです。

 スキンケアをしているときから、すでにメイクの楽しみは始まっています。





3-[3] イメージを創りたい!

ICO_065.GIFイメージ創ろう その2

ICO_183.GIF花嫁メイク

 花嫁さんのイメージは、陶器のような白いお肌、柔らかいイメージのアイメイクと主張しすぎない口元、という感じですが、別にこだわることもないと思います。要は、なりたいイメージをつくってしまえば良いのです!

 私が素敵だなと思ったのは、以前ヴァンサンカンの記事で見つけた、「メイクの鉄人」と題して、嶋田ちあきさんと藤原美智子さんがジューンブライドのメイクを競う特集での、嶋田ちあきさんのメイク!!「クラシカルな赤口紅を合わせて凛とした意志ある花嫁」ということでした。とってもキュートな花嫁メイクでした。

 普段よりも明るめの輝く肌作り。パール入りのリキッドファンデを少量混ぜて使い、さらにパールの効いたお粉をのせる。。。眉はしっかり眉山をとって、短めに整え、トップに丸みを持たせて優しい雰囲気をつくります。

 目元は、色ではなく質感を出し、ホワイトとベージュのパールシャドウをアイホールにぼかし、シルバーのシャドウをライン使いします。これで光がしっかり出て、華やかに。嶋田さんによると、白パールよりもシルバーの方が効果的とのことです。

 マスカラは、ボリュームタイプの黒をたっぷり。嶋田さんはつけまつ毛を使っていました。でも、カールキープタイプのマスカラベースに、ロングラッシュマスカラ、ボリュームアップマスカラを重ねてつけまつ毛のようなまつ毛にしてもいいですね。泣くご予定がおありなら(!)ウォータープルーフで。

 口紅は、ベリー系のペンシルでフレームをつくり、マット赤口紅を。ぽってりとした唇につくります。

 ヘアは高すぎず低すぎない一にシニヨンにしてベール。左サイドに白いお花を飾りアシメトリーにつくっていました。

 シェイディングやハイライトで立体的なフェイスラインは基本で、チークをこめかみから頬骨のあたりまでふわっと入れて、柔らかいイメージになっていました。目元と口元のバランスがすごくよくできていて、魅力的な花嫁さんでした!

ICO_183.GIFお顔をふっくら見せる

 「頬がこけて」見えるほっそりしたお顔のメイクです。お顔が寂しい印象になるのを避けたいですね。

 存在するところに色をのせることでメイクするわけですから、シェイディングでフェイスラインをすっきりさせるのは意外に簡単ですが、「こけている頬」に色をのせて錯覚を起こすのはむずかしいです。ただ、やはりメイクはバランスですので、全体の印象として、ふわっと優しい印象をつくるメイクは可能だと思います。質感と明るさが鍵になると思います。

 まず、ベースメイクで、顔色が良く健康的なイメージをつくってはいかがでしょう。ピンク系のコントロールカラーなどで、柔らかそうなニュアンスをお肌にのせ、明るめのファンデーションと透明タイプのお粉で気持ち良さそうな質感をつくります。本当にふっくらしていなくても、マシュマロのようなお肌に見えればかなり印象は変わるのではないでしょうか。目の下三角地帯にもハイライトを入れて、パッと明るいお顔にします。

 きつい目に見える場合は、アイメイクにも、温かい色みのカラーを使い、コントラストを出すよりも、柔らかい目の形になるよう、自然なグラデーションでつなぎます。ラインで強調するよりも、質感を出す方が可愛いと思います。まつ毛をあげてマスカラを塗り、パッチリした感じがつくれるといいですね。

 それから、大切なのは、眉!眉でかなり印象が変わります!眉が細すぎるとお顔が老けますし、「怖い」印象になりがちです。逆に太すぎると野暮ったくなるのでバランスはむずかしいですが、眉頭のあたりに自然な太さ、眉尻にむけて細くなっていくようにつくり、なだらかな山になるよう描いてみましょう。あまり長すぎない方がいいと思います。でもこれは人によってちがうので、ご自分で、良いバランスを見つけてください。

 チークは、淡いピンク系などを使って、こめかみから頬骨の下あたりにかけてふわり。あまり顔の中心に向かって入りすぎると、頬のこけ具合(!?)をかえって強調してしまいますので、ふっくら見せたい部分のアウトラインをやさしくなぞる感じの入れ方で充分だと思います。

 そして、唇。ソフトなピンク系の口紅に、つやつやグロスでふっくらした感じをつくります。

 「頬がこけて見える」ということにあまり神経質にならずに、お顔全体のイメージがふんわり優しい感じに仕上がるように工夫することが大切です。

 そして、なんといっても「笑顔」!素敵な表情がなによりです。

ICO_183.GIFおよばれメイク

 お友達の結婚式用メイク。お洋服が黒というのが前提です。

 まず、淡いグリーンを平ブラシにたっぷりめにとり、まぶた全体にふわっと入れます。普通はパール感を重視しますが、およばれなので、少し色が強めに出ても OK ですね。

 次に、細いブラシにパープルをとり、いったんティッシュの上でトントンと落とします。そして、目の際に太めのラインを引くようにのせます。

 両目ともに入れ、同じバランスでのったら、同じブラシをもう一度丁寧に払って、ほとんど粉を含まない状態にして、パープルのラインを上に向かってぼかします。このとき、目の形や大きさにもよるのですが、私の場合、目尻側に向かって広がるようにぼかすと、目が大きく見えます。奥二重の私は、ちょっと広めに入れますが、一重の方の場合は、あまり広げる必要はないかもしれません。いずれにしても、左右が同じ感じになるようこまめにチェックしながらぼかす方が良いと思います。このパープルの分量で、目の締まりが決まりますので、最適な分量が発見できるまでいろいろお試ししてみましょう。

 眉下にハイライトとして、ホワイトパールをすっと入れておくと、上品になりますので、おすすめです。これはシャドウでもいいですし、ルースパウダーなどでも OK です。

 アイラインは、私は、パールバイオレットやパールオリーブグレイなど合わせるのが好きです。もちろん、ブラックでくっきりラインを入れてもきれいです。下まぶたの目尻側にもラインを入れておきます。そして、下まぶたのインサイドに、ホワイトのラインを入れると目元が明るくなり、きれいに見えます。

 まつ毛は、目が大きくなるように、まつ毛の根元からしっかりあげて、ロングラッシュタイプのマスカラで長いまつ毛にします。お洋服が黒の場合は、私ならやはりブラックを使います。

 唇には、およばれメイクということで、くっきりカラーを。ボルドー系あるいはダークブラウン系のペンシルでフレー厶をとり、こっくりメタリックワインカラーの口紅を塗り込みます。センターにツヤをオン、というのも素敵。

 およばれでは、お食事が前提になりますから、口紅がはげないよう、ティッシュオフも忘れずに。

ICO_183.GIF爽やかメイク

 爽やかで、しかも「メイクしました」状態ではないあっさりしたイメージ、なのにメイク効果のあるメイク。私が一番に思い浮かべるのは、ジバンシィのプリズムなどパステルのフェイスパウダーを使ったアイメイクです。

 白っぽいパープルでも、フェイスカラーなら、頑張ってます、という感じにはならずにパープルニュアンスの明るいまぶたがつくれます。プリズムのフェイスカラーは、「色」が強く出過ぎないのでアイメイクにぴったりで、私がよく使うアイテムなのです。

 単色使いも素敵ですが、お肌の感じに合わせて、ピンクやブルーと組み合わせて使うと、さらに良いと思います。私の場合は、パープルだけだと寒くなりすぎるので、ピンクと重ねるとぴったりくるみたいです。このあたりは、お好みで調節してみましょう。眉下にホワイトを入れてあげると上品になりますので、それがポイントだと思います。

 ピンクを全体にふんわり入れておいて目の下半分くらいにパープルを重ねるように入れる感じが好きです。でも、これは、私の顔の感じに合わせたものですし、また「ふわっ」とした仕上がりが好きだからなので、お顔の感じやお好みで少しちがってくると思います。

 普通にセットされているアイカラーはその組み合わせの中で強弱がありますので、ある程度、この使い方がキマる!というようなものがあるのですが、プリズムを使ったアイメイクの場合には、そういうメリハリをつけるアイメイクとはちがう考え方になります。

 アイラインとマスカラで引き締めると良いですが、目元がはっきりするのはやはりブラックですね。あと、眉も重要だと思います。あまり太すぎないすっきりアーチがきれいではないでしょうか。

 チークは、ピンク系の明るい色が良いですが、シャネル/キャンディのような自然で可愛い色が、合わせやすくて私は大好きです。口紅は、パールの入ったものがやっぱり可愛いですが、パールなしがお好みでしたら、ピンク〜モーブ系の軽い色を合わせるのが素敵だと思います。
1  2  3  4  5  6  7
ANI_fpink.GIF BeautyNote.com ANI_fpink.GIF BN3.jpg BeautyNote.com では、新しい化粧品の使用感リポートを中心に、きれいになりたい人に楽しんでいただけるような情報作りをめざしています。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリー

月別

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.10

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち[3] イメージを創りたい!カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは[2] メイクのお悩み対策です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。




新作・限定品から人気定番香水まで、お手ごろ価格で揃うおすすめ香水屋さん→香水物語

おすすめネイルグッズ屋さん→グルービーネイル